ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

青森県・青い森鉄道



鮮やかなブルーの車両が山や海、雪の中を走り抜ける「青い森鉄道」について説明します。

青森をのんびり走るブルーの車両

青森をのんびり走るブルーの車両

青い森鉄道は、青森県三戸郡三戸町・目時駅~青森市・青森駅を結ぶ「青い森鉄道線」を運行しています。春夏は豊かな緑や陸奥湾を望む海沿いを、冬は降りしきる雪の中を行く風情たっぷりの車窓風景が味わえる路線です。普通列車の青い森701系、703系はともに青い森鉄道のイメージカラーである鮮やかなブルーがあしらわれ、イメージキャラクターの「モーリー」があちこちから顔を出すかわいらしいデザインが印象的です。また、青い森鉄道は東北新幹線の延伸に伴い、JRから経営分離された「並行在来線」。そのため、この区間では寝台列車の「カシオペア」や「北斗星」も運行しています。さらに、同じく並行在来線として運行している、いわて銀河鉄道「いわて銀河鉄道線」(岩手県盛岡市・盛岡駅~青森県三戸郡三戸町・目時駅)と直通運転を実施していることから、鉄道ファンにとってはいろいろな車両が見られるポイントともなっています。

途中下車して楽しみたい鉄道スポットも満載

途中下車して楽しみたい鉄道スポットも満載

都市部の八戸駅、青森駅と並んで沿線随一の観光地でもある青森県青森市・浅虫温泉駅周辺。浅虫温泉は海と山に周辺を囲まれた自然豊かな古くからの温泉地で、遊覧船での島巡りや水族館などのレジャーも充実しています。そんな浅虫温泉駅にあるのが、モーリーのグッズや青森の名産品を使ったオリジナル商品、お土産なども扱うカフェ「モーリーズカフェ」。八戸市の老舗醸造元の二弾仕込み醤油を生クリームに加えた「八戸お醤油ロール」や、浅虫温泉の名物を食べやすい形にした「くじら餅スティック」、オリジナルの中華まん「いかすみナマコまん」、「味噌カレー牛乳まん」、「南蛮味噌まん」など、名前を聞くだけでもとっても気になるメニューが揃っています。

また、青森県上北郡おいらせ町・向山駅では、地元の「向山駅愛好会」の協力により、駅事務室を利用した「向山駅ミュージアム」を運営しています。国鉄自体の向山駅で使用されていた駅案内板や料金表、記念切符、制服、鉄道ジオラマなどが展示されているもので、向山駅に眠っていたものに加えて、当地在住の国鉄OBが提供したものもあるのだとか。無人駅となって久しい同駅ですが、今や鉄道ファンが集う場となっているのです。