ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

鉄道ファンの種類と特徴「音鉄」「録り鉄」



発車ベルや車内放送、車両の走行音など、鉄道の「音」を聴いたり録音して楽しむ人たち、「音鉄」「録り鉄」について説明します。

「音鉄」「録り鉄」とは

「音鉄」「録り鉄」とは

「音鉄」とは、鉄道や周辺環境に関する「音」を聞いて楽しんだり、分析研究することを愛好する人たちを言います。中でも、自ら機材を持ち、鉄道関連の音を録音して楽しむ人は「録り鉄」と呼ばれています。

鉄道関連の音と言えば発車メロディや警笛を思い浮かべますが、車内放送や駅構内で流れるアナウンスやチャイムを聞き比べたり、各車両の走行音の違いを聴き比べて楽しみます。

駅メロを楽しむ

駅メロを楽しむ

発車メロディや接近メロディは、鉄道会社ごとや駅ごとに様々な特徴があるため、その録音音源をコレクションしたり、メロディのパターンを分析したりして楽しみます。駅メロの注目度は近年特に高まっていて、駅メロの作家にスポットが当てられたり、JR恵比寿駅「第三の男」(ヱビスビールのCMソング)や、高田馬場駅「鉄腕アトム」(手塚プロダクションの所在地)のように、ご当地にちなんだ曲を採用するといったことも増えてきています。

車内放送・駅構内放送

車内放送・駅構内放送

路線ごとに違う車内放送、駅ごとの構内放送を聴き比べて分析したり、録音音源をコレクションして楽しみます。独特の節回しは鉄道ファン以外にもなじみが深く、鉄道ファンのタレントの中には「車内アナウンスや駅構内アナウンスの物まね」を持ちネタにしている人もよく見られます。

車両走行音、警笛

車両走行音、警笛

車両の走行音や警笛音に注目し、駆動仕様の違いによる走行音の特徴などを聴き比べて楽しみます。この音には、特に熱心な「録り鉄」が多い分野でもあります。マニアックな趣味のようですが、例えば京浜急行の一部車両で発車時にモーターが音階を奏でる、通称「ドレミファインバーター」は鉄道ファン以外にも広く知られています。

音鉄にオススメ! 東急東横線「渋谷駅発車メロディ」

音鉄にオススメ! 東急東横線「渋谷駅発車メロディ」

従来の「発車メロディ」と言えば、単一の音色で、メロディパートとそのハーモニー程度のシンプルな編成が一般的です。ところが、2013年3月より東横線渋谷駅で流れている発車メロディは、ドラム、ベースにシンセサイザーも数パート重ねられ、パッと聴いただけでは発車メロディと思えない程厚みのあるくっきりとしたサウンドになっています。ドラマティックなメロディも相まって、インパクトは抜群です。この発車メロディ「Departing from New Shibuya Terminal」は、鉄道愛好家としても有名なミュージシャンの向谷実さんが手がけた曲です。

音鉄にオススメ! 名古屋市営地下鉄「発車ベル」

音鉄にオススメ! 名古屋市営地下鉄「発車ベル」

現代的な東横線渋谷駅の発車メロディとはある意味正反対とも言える魅力を持っているのが、愛知県・名古屋市営地下鉄の発車ベルです。年代物のシンセサイザーのような、無機質なのにどこか暖かみの感じられる音がなんとも個性的です。

「ポー…」「プププ、プププ…」といったごくシンプルなパターンの単音が鳴る、まさに「発車"ベル"」ではあるのですが、地下空間の独特な響きも相まって、遠くで鳴る汽笛のような風情すら漂わせています。