施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

鉄道ファンの種類と特徴「駅弁鉄」



駅弁を目的に鉄道の旅をしたり、掛け紙をコレクションして楽しむ人たち、「駅弁鉄」について説明します。

「駅弁鉄」とは

「駅弁鉄」とは

「駅弁鉄」とは、駅や列車内などで販売される各地の駅弁を食べて楽しむことはもちろん、駅弁の写真や、駅弁のパッケージなどをコレクションして愛好する人たちのことを言います。一見、全国各地の名物を食べ歩くグルメ趣味に近いようですが、駅弁を食べることだけが目的ではなく、車窓からの風景を眺めながら、その土地の名物を一緒に味わい旅を満喫します。

駅弁の中には、紐をひっぱるだけで、ほかほかになる「牛タン弁当(仙台駅)」や、ふたを開けると「モ~」と牛の鳴き声がする「但馬の里 和牛弁当 モ~牛牛づめ(和田山駅)」弁当など、バラエティ豊かな駅弁もあり、駅弁鉄が夢中になるのもうなずけます。それでは、駅弁鉄にもオススメ!全国の駅弁をご紹介します。

オススメの駅弁 西日本編

オススメの駅弁 西日本編
兵庫県「ひっぱりたこ飯」
たこ飯の上に、たこと穴子や野菜などが盛り合わせられた弁当です。たこつぼ風の陶器が特徴で、お土産にもぴったり。神戸駅をはじめ兵庫県・大阪府の主要JR駅や、デパートなどで販売しています。
福岡県「折尾のかしわ飯」
たまご、海苔、かしわ(鶏そぼろ)の味わいが懐かしい三色弁当です。福岡県の主要JR駅などで販売していますが、中でもJR折尾駅のホームで、売り子さんたちが乗客に声をかけながら弁当を売り歩くさまは、旅情をかき立てられる光景として知られています。
奈良県「柿の葉寿司」
鯖寿司を柿の葉でくるんだ奈良県の郷土料理です。奈良県御所市・吉野口駅をはじめ関西の主要駅やデパートなどで見られます。香りもよく、車中でも食べやすい駅弁の定番です。最近では、鯖だけでなく鮭の柿の葉寿司もあるようです。
広島県「しゃもじかき飯」
かき飯、かきフライ、かきの身のゆず味噌和えとかきづくしの弁当です。ご当地広島の縁起物、しゃもじをかたどった弁当箱もユニークです。広島駅をはじめ、広島県内の主要駅で冬季限定にて販売しています。

オススメの駅弁 東日本編

オススメの駅弁 東日本編
栃木県「日光埋蔵金弁当」
村上豊八商店製、日光彫に漆塗りを施した重厚な器のお弁当は、なんと1食15万円! お値段や贅を尽くしたメニューもさることながら、「器が出来次第販売」となれば、旅の途中では簡単に手にすることも難しいので、もはや幻・幸運の弁当と言えます。ちなみに、日光鱒寿司、揚巻ゆば、日光高原牛のしぐれ煮などが入った1500円の駅弁(予約制)もあります。
北海道「森のいかめし」
するめいかに餅米入りのお米を詰めて炊いた弁当で、70年以上も続くご当地名物です。夏季には、JR函館本森駅のホームで立ち売りも行なわれています。レトロな掛け紙がかわいらしく、素朴な味わいも相まって、各地の駅弁大会などで人気となっています。
群馬県「高崎だるま弁当」
茶飯に山菜やきのこ、たけのこや山ごぼうなど、山の幸がふんだんに盛りつけられた弁当です。丸い器はご当地の「だるま市」にあやかって「だるま」をかたどったものになっており、食べ終わったあとは貯金箱として使うこともできます。
茨城県「水戸印籠弁当」
梅の甘露煮や豚肉の梅和えなど、名物の梅を味わえるおかずと炊き込みご飯が二段になった弁当です。重ねた器は黄門様の印籠を思わせる姿になっており、ご老公気分で悠然と頂きたい一品です。