ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

世界で鉄道ファンに人気のスポットと車両



世界で鉄道ファンに人気のスポットと車両を紹介します。

世界的な鉄道スポット:世界遺産編

世界的な鉄道スポット:世界遺産編
オーストリア「ゼンメリング鉄道」
オーストリア・グログニッツ~ミュルツツーシュラーク間を結ぶ世界初の山岳鉄道です。約160年前、当時は鉄道で超えられないと言われていた険しい地形を、100を超える石橋やトンネル、鉄橋などを経て進んでいきます。
「インドの山岳鉄道群」
インド・ダージリン地方を走る「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」と、同じくタミル・ナードゥ州ニーラギリ県を走る「ニルギリ山岳鉄道」、インド北部を走る「カールカー=シムラー鉄道」が、「山岳鉄道群」として登録されています。中でも最初に登録された「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」には、最古のもので110年以上も現役の小さい蒸気機関車が使われ、山を登るコースでもあるため運転時速は10数キロほどなのだとか。
スイス「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」
レーティッシュ鉄道は、スイス最大級の私鉄です。アルブラ線・ベルニナ線は同国グラウビュンデン州~イタリア・ロンバルディア州ソンドリオ県間を結ぶ「国境を越える世界遺産」となっています。アルブラ線では絶壁の峡谷に架かるランドヴァッサー橋やアルブラ渓谷の自然景観、ベルニナ線では車窓から臨める氷河やオープンループ橋など多くの見所があります。

世界的な鉄道スポット:高級夜行列車編

世界的な鉄道スポット:高級夜行列車編
オリエント急行
1883年(明治16年)に開通した、フランス・パリ~トルコ・コンスタンティノープル(現イスタンブール)間を結ぶ高級夜行列車です。異文化圏へ向かう豪華列車の旅は富裕層の人気を得るとともに庶民の憧れをも集め、ミステリー小説や映画作品の舞台にもなっています。現在、この元祖「オリエント急行」は廃止されていますが、様々な国や地域の鉄道が「オリエント急行」の名を冠した夜行列車や観光列車を運行しています。
インド「マハラジャ急行」
2010年(平成22年)よりインドで運行されている"世界一の豪華列車"です。各車両に1人専属のバトラーが付く4タイプの客室に加えて、2車両でそれぞれ違う料理を提供する食堂車、展望車、バー車両など設備もサービスもゴージャスです。現在、デリー~アグラ~ジャイプールを一周するコースと、ムンバイ~デリー間のコースが運行されています。

世界的な鉄道スポット:貴重な便編

世界的な鉄道スポット:貴重な便編
オーストラリア大陸縦断鉄道「ザ・ガン」
オーストラリア・アデレード~アリススプリングス~ダーウィン間を結ぶ、世界唯一の大陸縦断鉄道です。真っ青な空と果てしなく広がる荒野の2,979kmを、真っ赤な機関車で2泊3日かけて走り抜けます。オーストラリア内陸探検の要となった「アフガン人のラクダ御者」のトレードマークも必見です。
ロシア「シベリア鉄道」
ロシアを東西に横断する鉄道です。中でも「モスクワ~ウラジオストク」間を約7日間かけて横断する「ロシア号」が有名です。中国、北朝鮮、モンゴルといった国との国境を越えた直通運転もあり、多彩な景色や文化に触れられるのが魅力となっています。