施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

鉄道・駅名の雑学



鉄道&駅のネーミング・おもしろい駅名・難読駅名・切符の種類を紹介します。

鉄道・駅のネーミング

鉄道・駅のネーミング

鉄道の路線名は、開業時の起点と終点から字を取って組み合わせたり、路線が走っている地域の地名や、律令国時代の旧国名などから名付けられることが多いようです。東京都と千葉県を結ぶ「京葉線」や、鉄道路線に並行する街道から名付けられている「東海道線」などは分かりやすい例です。また最近、ローカル線などでは地域の特色を出すために、路線名としてユニークな愛称を付けることも増えてきました。宮城県遠田郡美里町の小牛田駅から山形県新庄市の新庄駅までを結ぶ陸羽東線は、観光名所を織り込んだ「奥の細道湯けむりライン」と呼ばれています。さくらんぼの名産地である山形県寒河江市などを走る「フルーツライン左沢線」、福島県郡山市の郡山駅会津若松駅~新潟県新潟市の新津駅を結ぶ磐越西線「森と水とロマンの鉄道」などもよく知られています。

駅名の付けられ方は様々ですが、基本的には周辺の地名や施設名などを冠したものが多いようです。そのせいか、「北浦和」「南浦和」のように同じ地名を含んでいる駅名も少なくありません。中には、日豊本線「鹿児島駅」と鹿児島本線「鹿児島中央駅」のように紛らわしいケースも見られます。また特に多いと言われる"新宿"を含む駅は、JR山手線、小田急小田原線、京王線、都営地下鉄新宿線など多くの路線を擁する「新宿」、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」、地下鉄副都心線「新宿三丁目」、「東新宿」、都営大江戸線「新宿西口」、「西新宿」、「西新宿五丁目(清水橋)」、西武新宿線「西武新宿」、小田急小田原線「南新宿」、と9つもあるのです。

実はこの9つの駅のうち、新宿駅と南新宿駅の住所は、新宿区ではなく隣接する渋谷区にあります。このように、所在地が駅名の示す地域の"隣にある"駅は、「越境駅」と呼ばれます。駅の建設予定地が途中で変わってしまった場合などに、こういった現象が起こるようです。首都圏近郊だと、港区にあるJR「品川駅」や、品川区にあるJR「目黒駅」、神奈川県海老名市にある相模線「厚木駅」などが有名です。

おもしろい駅名

おもしろい駅名
三重県・津駅
"世界一"短い駅名として、ギネスブックに載っています。
埼玉県・御花畑駅
読み方も「おはなばたけ」でそのままなのですが、実は駅の周辺にお花畑はないのだそうです。
鹿児島県・折口駅
「おりぐち」と読みます。「次は折口、降り口は~」なんてアナウンスが聞こえてきそうです。
栃木県・おもちゃのまち駅
玩具製造関連の工業団地「おもちゃのまち」の最寄駅です。周辺の地名も「おもちゃのまち」なのだとか。神奈川県「こどもの国駅」もかわいらしい駅名ですよね。
岩手県・吉里吉里駅
「きりきり」と読みます。井上ひさしの小説「吉里吉里人」に出てくる架空の村名のモデルとしても有名ですが…ちょっとお腹が痛くなりそう?かも。
愛知県・駅前駅
豊橋市・豊橋鉄道の駅で、JRと名鉄の豊橋駅前にあります。このような環境の「○○駅前駅」はよく見られますが、たんに「駅前駅」となっているのは日本でもここだけなのだとか。

読むのが難しい駅名

読むのが難しい駅名
山形県・左沢駅(あてらざわ)
同名の「JR左沢線」の終点となる駅。この読みの由来には「『あちらの沢』が語源」など諸説があるようです。
山口県・特牛駅(こっとい)
JR山陰本線の駅です。「方言で牝牛の意」や「小さな入り江を示す『琴江』が語源」など、諸説あります。
鹿児島県・頴娃駅(えい)
JR指宿枕崎線の駅です。所在地の南九州市頴娃町にちなんでいますが、「頴娃」の呼び名自体がかなり古く、語源ははっきりしていないそうです。路線名の「指宿(いぶすき)」も珍しい名前です。
愛知県・味鋺駅(あじま)
名鉄犬山線の駅です。所在地の名古屋市北区味鋺にちなんでいますが、その由来は「当地の『味鋺神社』から」や「湿地には『あじま』という地名が多い(他県に阿島、安島、味間がある)」など諸説あります。
長野県・南木曽駅(なぎそ)
JR中央本線の駅です。「木曽(きそ)」という地名がとても有名なだけに、思わず「みなみきそ」と読んでしまいそうですよね。
島根県・美談駅(みだみ)
一畑電車北松江線の駅です。所在地の島根県出雲市美談町にちなんでいますが、地名の由来は当地の「美談神社(彌太彌社)」と言われ、「御田を見る」といった意味があるとされています。

切符の種類

切符の種類

現在、鉄道の切符といえば「ICカード」や、ロール紙に乗車区間や発行日などを印字し、カットした紙片が一般的です。イベントや記念日などに合わせて発行される特別な「記念切符」は、乗車目的にもまして、記念品としての人気が高くなっています。また、かつては鉄道切符の主流であった、改札鋏を入れて使う「硬券」や、特殊な切符などで用いられていた「軟券」などは、専門のコレクターも多く、鉄道趣味の一分野を成しています。

ちなみに、乗車済の切符は通常だと駅で回収されてしまいますが、記念に手元へ残したい場合は、改札で「無効」の印を付けてもらえば、持ち帰ることができます。