ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト鉄道駅[電車]リサーチ

鉄道情報

リニア・鉄道館(名古屋市)



リニア・鉄道館」は、愛知県名古屋市港区金城ふ頭にある博物館です。超電導リニアの仕組みや巨大な鉄道ジオラマなど、子どもから大人まで鉄道にかかわる学習や体験ができる施設です。ここでは「リニア・鉄道館」について説明します。

鉄道の歴史と次世代への夢がつまった車両展示

鉄道の歴史と次世代への夢がつまった車両展示

日本が世界に誇る「世界最速」を記録した歴代の車両をはじめ、超電導の次世代リニアなど、39両の実物車両から日本がこれまで歩んできた鉄道の歴史を見ることができます。

C62形式蒸気機関車

時速129kmの速度を記録し、狭軌鉄道の蒸気機関車としては世界最高速度と言われています。

955形式新幹線試験電車(300X)

高速システムの追求から開発され、電車方式としては1996年に時速443kmという世界最高速度を記録しました。

超電導リニア「MLX-01-1」

超電導リニアが記録した「時速581km」は鉄道の世界最高記録です。また、同館の超電導リニア展示室では、ミニシアターでリニアの「時速500km」という超高速の世界を疑似体験することができます。

日本の鉄道史を支えた懐かしの車両たち

他にも、現存する唯一の木製電車(モハ1形式電車)や、戦後初めて作られた1等寝台客車(マイネ40形式客車)、日本初の大出力特急気動車のキハ181形式気動車など、日本の鉄道史を支えてきた歴代の車両が展示されています。また、高い居住性を持ち、関西圏の新快速電車「シティーライナー」「東海ライナー」の愛称で親しまれた117形電車も展示されています。

体験・実演施設

超電導リニアの速度を疑似体験できるミニシアターをはじめ、N700系新幹線の実物大の運転台で運転操作体験ができます。在来線の運転シミュレーターや車掌シミュレーターでは、車内アナウンスやドアの開閉から安全確認など、より本物に近い実践的な業務を体験できます。こちらは有料・抽選となっているため、注意が必要です。

リニア・鉄道館限定のお弁当

館内で食事ができるデリカステーションでは、昭和39年の東海道新幹線が開業した当時に販売されていた幕の内弁当をもとに復刻した、同館限定のお弁当を味わえます。また、名古屋の名物である味噌カツやたまり醤油の煮物などが入ったお弁当も人気です。

博物館の利用に関して

開館時間は10時~17時30分まで、入館は17時までとなり、毎週火曜は休館です。

入館料金
大人は1,000円で、小中高生は500円、3歳以上の未就学児は200円です。
交通科学博物館へのアクセス
JR名古屋駅からあおなみ線の「金城ふ頭駅」を降り、徒歩2分程です。