ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)



鉄道博物館は埼玉県さいたま市大宮区大成町にある博物館です。ここでは鉄道博物館について説明します。

ヒストリーゾーンとラーニングゾーン

ヒストリーゾーンとラーニングゾーン

博物館内は、大きくはこの2つのスペースに分かれています。

ヒストリーゾーン

博物館の約半分のスペースを占めるヒストリーゾーンは、日本の鉄道技術や歴史がテーマごとに紹介されています。精巧な模型の展示を通じて時代別の鉄道風景を再現するという演出の「情景再現」展示も行なわれています。

ラーニングゾーン

ラーニングゾーンでは、見るだけでなく、実際に自分の手で鉄道の模型や展示物を触ることができます。手で触れてみることで、より深く鉄道に対する経験と知識学ぶことができる展示スペースとなっています。

体験できる施設も盛りだくさん

鉄道博物館では、ミニ列車の運転やジオラマの実演など、実際に鉄道に関する体験ができる施設がたくさんあります。

ミニ運転列車

205系埼京線・武蔵野線、209系京浜東北線から253系成田エクスプレスなど、様々なミニ列車を、実際に運行することができ、1周約300m、所要時間は6分程です。途中には汐留駅や両国橋駅など4つの駅があり、駅舎の細部からホームに至るまで実物さながらの景観の中、運転手気分を体験できます。

運転士体験教室

実際の運転士養成のために使われている設備を基本としているため、まるで本当の列車を運転しているような気分を味わえるプログラムです。ディスプレイ付きの簡易運転台を見ながらアドバイスを受け、指差し称呼や計器の扱い方、コースによっては定時運転などを体験できるプログラムです。コースは初級・中級・上級に分かれ、約40分間、運転士に近い体験ができます。

模型鉄道ジオラマの実演

軌道総延長は1,400mで、鉄道のHOゲージでは日本最大級です。駅舎やトンネル、ループ線に発電所などのシーンも再現されています。

博物館の利用に関して

開館時間は10時~18時までの間で、入館は17時30分までです。火曜日は休館ですが、春休みや夏休み中は開館する場合もあります。

入館料金

3歳以上の未就学児は200円、小中高生は500円、その他一般は1,000円です。

鉄道博物館へのアクセス

電車の場合
JR大宮駅で下車、駅からはニューシャトルで鉄道博物館「大成町」下車、徒歩1分です。
車の場合
東北道「岩槻インターチェンジ」を降りて同館までは9km程度です。
首都高速埼玉新都心線「新都心西出入口」からは4km程度です。
首都高速埼玉大宮線「与野出入口」からは5km程度です。