施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

機関車とは



機関車とは鉄道の車両の一種で、客車や貨物車など動力を持たない他車を牽引、駆動させるための車両です。ここでは機関車について説明します。

様々な動力を持つ機関車たち

機関車は車両自身の中に動力装置を持ち、前からの引き上げや後ろからの推進力によって運行します。

蒸気機関車

Steam Locomotive(スチーム・ロコモーティブ)を省略し、SL(エスエル)と呼ばれることもある、蒸気を動力源とする機関車です。無火蒸気機関車のボイラーは車両にはなく、代わりに蒸気蓄圧器を設置しています。

電気機関車

電力を原動力に運行する機関車であり、架線から電力を取り電流や電圧をコントロールします。取り込む電力も、直流電気機関車、交流電気機関車、交直流電気機関車と3つに分類されます。

圧縮空気式機関車

圧縮した空気で可動する機関車であり、鉱山で用いられることが多いです。

ハイブリッド機関車

小型のディーゼルエンジンや、充電ができる蓄電池を搭載した機関車であり、環境への配慮がされています。

内燃機関車

内部で燃料を燃やし、そこから動力を生み出す機関車です。動力源の違いによって、ディーゼル機関車、ガスタービン機関車、ガソリン機関車などに分かれますが、ガソリン機関車に関しては現在日本では使用されていません。

ときが経っても愛され続ける蒸気機関車「デゴイチ」

正式名称はD51形蒸気機関車と言い、太平洋戦争中に総数およそ1,115両と膨大な数の車両が生産されました。その多さからも、全国の様々なところで姿を見ることができました。この「デゴイチ」は、日本の蒸気機関車の代名詞にもなる程、老若男女問わず今も多くのファンから愛されています。

都心からもっとも近い蒸気機関車に乗れるスポット

埼玉県の秩父鉄道では、1日に1往復するSLパレオエクスプレスがあります。始発の熊谷駅から終点の三峰口駅まで、およそ56.8kmの距離を2時間40分程かけて運行しています。車窓から四季折々の景色を楽しみながら落ち着いた汽車の旅を過ごせます。停車中に記念写真も撮ることができるので、観光客に人気のスポットですが、運転日は不定期なので、事前にウェブサイトなどで確認する必要があります。

始発駅・熊谷への交通アクセス

JR熊谷駅は、JR高崎線、上越・長野新幹線の停車駅で、上野駅からは高崎線で1時間10分程です。車の場合は関越自動車道東松山ICより約40分、熊谷駅南口駐車場は176台収容可能です。