施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

日本一標高が高い野辺山駅



長野県南佐久郡南牧村大字野辺山に位置する、野辺山(のべやま)駅JR東日本・小海線にある普通鉄道の駅としては日本一標高が高い駅です。ここでは、標高は1,345.67mと普通鉄道の駅の中でもっとも高い場所にある野辺山駅について説明します。

駅の概要と歴史

駅の概要と歴史

駅は単式ホーム1面1線に加え、島式ホームの1面2線を持つ地上駅であり、しなの鉄道小諸駅(こもろえき)と中央東線の小淵沢駅を結ぶ小海線沿いに位置します。目の前には長野県と山梨県にまたがる登山者に人気の八ヶ岳が広がり、八ヶ岳の主峰「赤岳(あかだけ)」も見ることができます。1935年に国鉄小海線の開通と同時に開業し、1987年にJR東日本の駅となりました。大迫力の山々はもちろん、高山植物の宝庫でもある八ヶ岳にはシーズン中多くの観光客でにぎわいます。

駅付近には「JR鉄道最高地点」も

野辺山駅清里駅の間には、標高1,375mのJR鉄道最高標高地点があります。その中間地点には「JR最高地点」と書かれた標柱があります。標柱のある場所までは、野辺山駅から車で10分程です。また、付近には「日本一標高の高い場所にある小学校」として南牧村立南牧南小学校(標高1,332m)も存在します。児童数は100人程で各学年1クラス程です。

ユニークな入場券

同駅で販売されている記念入場券には、野辺山駅の駅舎の写真と共に、日本一標高が高い駅として「JR最高駅野辺山 標高1,345.67m」の文字と、「空にいちばん近い駅」と記されています。

レストラン最高地点

野辺山駅の隣にある清里駅の中間「JR鉄道最高地点(1,375m)」の近くには、「レストラン最高地点」があります。和食が中心のレストランで、手打ちそばが自慢です。地元で採れた長いもを使った粘りとコクのある「つけとろろそば」や、「みそかつ丼」、「野菜天ぷらそば」などが人気で、JR小海線野辺山駅から車で5分程の場所にあります。

世界一の精度を持つ巨大なパラボラアンテナ

野辺山駅と清里駅の中間には、世界一の精度・大きさのパラボラアンテナを備えた「国立天文台野辺山宇宙電波観測所」があります。巨大なパラボラアンテナの直径はおよそ45mにも達する電波望遠鏡です。宇宙電波望遠鏡としては世界一の精度を誇ります。

世界初!のハイブリッドシステムを導入

小海線を運航するキハE200形の車両は、ディーゼルエンジンの電気と充電した電気を利用して走行する、環境にも優しいエコ車両です。2007年より、ハイブリッドシステムを導入した列車として世界初の運転が開始されました。