施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

日本一急こう配にある飯沼駅



岐阜県中津川市飯沼字市之坪にある飯沼駅は、明知鉄道明知線にある、普通鉄道としては日本一急こう配にある駅です。ここでは過酷な傾斜に位置する飯沼駅について説明します。

駅の概要と歴史

駅の概要と歴史

駅は単式ホーム1面1線の無人駅であり、明知線は岐阜県恵那市の恵那駅から明智駅までのおよそ25kmの路線の中で、2つの峠を越える急こう配と急曲線の連続する路線です。1934年に全線開通し、当時は国鉄明知線として運行していました。その後、1985年には明知鉄道が引き継ぐ形で第3セクターとして開業され、飯沼駅は1991年に「日本一急こう配にある駅」として新設されました。駅舎の壁には「勾配33‰(パーミル)」という文字があり、これは「1km走ると33m登る」ことを示しています。パーミルとは、鉄道線路の勾配を示す単位として、1,000mあたりの高低を表しています。

本来なら駅舎の設置が厳しい程の急こう配

住民の足として重宝されている飯沼駅ですが、1991年の開業前からも「この土地に駅を作ってほしい」という地元住民の要望はありつつも、あまりの急こう配に、国鉄時代では実現不可能とされてきました。しかし、1985年に明知鉄道が私鉄として再スタートさせたあと、住民の強い要望に応える形で安全性のテストが繰り返し行なわれました。そして、1991年に地元住民が待ち望んだ「日本一急こう配にある駅」飯沼駅が新設されました。

ローカル線ならではのユニークな試み

ローカル線だからこそできるユニークな試みで観光客を集めています。中でも列車内で景色を楽しみつつ、四季折々の旬の料理を味わうことができる期間限定の「グルメ列車」が人気を集めています。

観光客向けの「グルメ列車」

それぞれ料理列車の多くは期間限定で、料理に加え恵那駅から明智駅までの往復運賃も料金の中にすべて含まれています。

春の「山菜列車」
山里など地元で採れる山菜料理を中心に、岐阜の春を堪能できます。
夏の「花白ごほうび鮎列車」
2011年から開始され、花白温泉駅近くの温泉施設「花白温泉花白の湯」が作る懐石仕立ての鮎料理が人気です。
秋の「きのこ列車」
地元で採れた豊富なきのこを堪能できます。
冬の「じねんじょ列車」
列車の中で新鮮な「じねんじょ」をすりおろしてもらい、秋から冬にかけての旬の味を思う存分に堪能できます。

他にもあるユニークな〇〇列車

明知鉄道では、他にも列車に自転車ごと乗り込み、沿線をサイクリングすることができる「ちゃりんこ列車」や、「日本一の急こう配でも絶対に すべらない 明知鉄道」であることから、合格祈願マグネットを列車の車体側面に貼り付けて祈願する試みも行なわれています。