ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

立体交差駅・折尾駅



福岡県北九州市八幡西区堀川町に位置する折尾駅は、日本初の立体交差駅という特徴を持つ駅です。ここでは折尾駅について説明します。

折尾駅の歴史

折尾駅は1891年に九州鉄道の駅として開業しており、同じ年に筑豊興業鉄道による折尾駅も開業しました。しかし、1895年に乗り換えの不便さなどから改善の声が求められ、現在の2社共同の折尾駅へと発展していきました。1階には筑豊興業鉄道の駅、2階には九州鉄道の駅といった区分がされています。

駅の特徴

レンガ積みの地下通路が残っているなど、歴史を感じられる駅になっています。また、駅舎の再開発工事の際にもコロニアル様式の外壁を修復して使うなどの工夫がされており、現在も昭和や大正を感じさせるレトロな雰囲気を残すことに成功しています。

日本で初めての立体交差駅

折尾駅は、日本で初めて立体交差を導入した駅として知られています。本来は違う路線だった駅同士でしたが、利用客が増えたことによりさらなる利便性を求めたため、ひとつにまとめようというアイディアから計画が始まりました。そして、1916年に現在の2階建ての駅舎として完成しました。1階と2階に違う路線の電車が走ることが特徴的で、改札口も3つあるなど駅内は左右非対称の構造になっています。

駅名の由来

開業当時この場所の地名であった折尾町が由来とされています。「折尾」の名は、この地域一帯に広がっている山が折り重なるように見えたということから付けられたと言われています。

人気の駅弁

駅弁は折尾駅の西口付近に本社を持つ東筑軒の駅弁を駅舎内で販売しています。なかでも「かしわめし」といった九州北部の郷土料理である鶏(かしわ)料理の流れを取り入れた駅弁が人気です。鳥の炊き込みご飯や「かしわめし」を展開している物が多く、内容やグレードによって価格帯は異なります。この駅弁はこの地域だけでなく、全国的にも人気の駅弁のひとつであり、キヨスクでも取り扱っていますが、東筑軒による特設販売所も設置してあります。

利用状況

折尾駅の1日の平均乗車人員は16,000人前後です。2000年時点では18,000人台を記録していましたが、年々減少傾向にあります。

駅周辺の様子

折尾駅の周辺は学校が多く、朝や夕方の時間帯は駅が学生で賑わいます。小中学校・高等学校が8校、短期大学が2校、大学が3校存在しています。また、東口には九州の市営バスで最大のバスターミナルがあり、北九州市営バス、西鉄バスに乗ることができます。