ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

大阪市交通局とは



大阪市交通局は交通事業を行なう大阪府大阪市の地方公営企業です。主に地下鉄、路線バスを運営しており、大阪市内とその周辺に路線網を持っています。これらの運輸業務は大阪市の交通局、自動車運送事業部・鉄道事業部が担っており、本社は大阪市西区九条南に所在しています。

歴史

歴史

大阪市交通局は1903年に大阪市電の名称で設立しました。最初に開通した花園橋から築港桟橋区間の路線は日本初の公営電気鉄道です。1927年に市営バスの営業を開始し、1933年には現在の御堂筋線の前身となる「地下鉄1号線」が開通しました。1953年にはトロリーバスが開業しましたが、自動車の普及に伴い、1970年に路面電車とともに全廃となりました。

主な路線

「大阪市営地下鉄」の名称で呼ばれ、8路線、129.9kmで営業しています。路線網は大阪市22区と守口市、吹田市、東大阪市、堺市北区、八尾市、門真市まで広がっており、東京メトロに次ぐ規模です。かつて営業していた市電の停留所名で呼ばれている地下鉄の駅も多くあります。

御堂筋線

正式名称は「高速電気軌道第1号線」です。大阪府吹田市の江坂駅から大阪府堺市の中百舌鳥駅までを結びます。営業キロは24.5kmで、駅数は20となり、大阪市のメインストリートである御堂筋の地下を走行します。大阪の主要な交通機関であり、その中でも梅田駅淀屋橋駅は日本の地下鉄で最も利用者が多い区間となっています。

谷町線

大阪府守口市にある「大日駅」から、大阪府八尾市にある「八尾南駅」までを結びます。正式名称は「高速電気軌道第2号線」で、利用者数は御堂筋線の半分以下ですが、大阪交通局の路線の中では最も長い路線となっており、26駅、28.1kmの区間で営業しています。東梅田駅では御堂筋線をはじめとする9路線と接続しており、各方面へアクセス可能です。

中央線

正式名称は「高速電気軌道第4号線」ですが、中央大通の地下を走ることから「中央線」の名称が一般的です。営業キロは17.9kmで、14駅区間を走行しており、大阪市の東西方向における交通の要となっています。また、終点の長田駅からは近畿日本鉄道の「けいはんな線」と相互直通運転を行なっており、両路線合わせて「ゆめはんな」の愛称で呼ばれています。この路線を利用すると、大阪から奈良市内まで1本でアクセスが可能です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのアクセス

大阪市営地下鉄の住之江駅からユニバーサル・スタジオ・ジャパン行きのバス(USJ直行バス)に乗ることができます。往路として毎朝8時に住之江駅を出発し、復路ではユニバーサル・スタジオ・ジャパン発のバスが18時に出発し、住之江駅に戻ります。運行日は土・日・祝日及び指定のシーズン期間で、片道400円となっています。