ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

新京成電鉄とは



新京成電鉄は、千葉県東葛飾に路線を有する鉄道会社です。ここでは、新京成電鉄について説明します。

歴史

歴史

千葉県鎌ヶ谷市に本社を置く新京成電鉄は、1946年に設立した鉄道会社で、京成グループの会社のひとつでもあります。1947年に新津田沼駅から薬園台駅までの営業を開始、少しずつ延伸を繰り返して1955年に鎌ヶ谷初富駅から松戸駅までが開通して、全線開業となり、松戸駅から京成津田沼駅までの1路線のみを運営しており、新京成電鉄グループでは、他にバス事業も展開しています。千葉県内で一番初めて、深夜バスの運行とノンステップバスの導入に取り組んだ会社でもあります。

鉄道事業

新京成電鉄が保有している路線の旅客営業キロは約26.5kmです。使用している列車は、早い段階で「VVVFインバータ制御方式」や「純電気ブレーキ」など新しい技術を積極的に投入してきました。また、松戸新田駅みのり台駅三咲駅滝不動駅高根木戸駅習志野駅前原駅の7駅では、遠隔監視システムを導入しています。そのため、夜22時から翌朝の7時まで無人駅となり、首都圏にある駅では非常に珍しい光景です。

新京成線

松戸駅から京成津田沼駅までの26.5kmの路線であり、新京成電鉄が運営するただひとつの路線です。新京成線は、京成千葉線への乗り入れを行なっていますが、片乗り入れであるため、他社から乗り入れてくる列車はありません。

京成津田沼駅
京成津田沼駅は、京成電鉄と新京成電鉄が共同で使用している駅です。京成電鉄の本線と千葉線が乗り入れており、新京成線の新津田沼駅に接続しています。駅周辺は市街地となっており、古くからの商店街もあります。JR東日本津田沼駅とは、離れた位置にあり、歩いて乗り換える際には10分程度の時間がかかります。
新鎌ヶ谷駅
鎌ヶ谷市内で唯一の乗換駅で、鎌ヶ谷市を通るすべての路線がこの駅を通ります。新京成線の他、北総鉄道の北総線、京成電鉄の成田スカイアクセス線、東武鉄道の野田線が乗り入れています。新京成線の駅の中では新しく、1991年(平成3年)に開設された駅です。本来の駅周辺は畑や梨園でしたが、市街地として開発された結果、現在はショッピングセンターや、高層マンションが立ち並ぶ地域となっています。

キャラクター

新京成電鉄には、「しんちゃん&けいちゃん」というマスコットキャラクターがいます。ツバメをモチーフにしたキャラクターで、ドアステッカーに使用されるなど、各所で見かけることができます。