ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

相鉄とは



相模鉄道は、神奈川県東部を運行する鉄道会社で、「相鉄」という略称で呼ばれています。ここでは、相模鉄道について説明します。

歴史

歴史

神奈川県横浜市に本社を置く相模鉄道は、1918年に設立された鉄道会社です。1921年に茅ヶ崎駅から寒川駅間を開業したのち、少しずつ延伸をし、1931年には八王子駅まで運行を開始しました。1941年に、経営合理化のため「神中鉄道」を吸収合併するも、同年には「東横電鉄」の傘下に入ります。しかし、1947年には再び独立、厚木線を新たな経営基盤として立て直し、1990年には大手私鉄の仲間入りを果たしました。過去にはバス事業や不動産事業も行なっていましたが、分社化し、現在は鉄道事業を専門に行なう会社となっています。

鉄道事業

相模鉄道が保有している路線の総延長、旅客営業距離は大手私鉄の中でも最短の約38.1kmです。本線、いずみ野線、厚木線の3路線を有していますが、一般の旅客が利用できるのは、本線といずみ野線の2つです。

本線

横浜駅から海老名駅までの24.6kmの路線です。横浜から二俣川間には、二俣川駅で分岐するいずみ野線の列車が乗り入れています。

二俣川駅
本線の中心駅のひとつであり、いずみ野線へ向かう列車との接続が行なわれる駅でもあります。駅周辺は、丘陵地帯に囲まれていますが、程近くに「こども自然公園」があり、ここは都内でも数少ないホタルの生息地となっています。
海老名駅
相鉄本線以外に、小田原線、JR東日本の3つの路線が乗り入れている接続駅であり、相鉄本線の終点の駅でもあります。駅周辺は、大型ショッピングモールのビナウォークや、イオン海老名店などの商業施設が多く立ち並んでいます。

いずみ野線

二俣川駅から湘南台駅までの11.3kmの路線です。1976年に二俣川駅からいずみ野駅間で開業しました。

湘南台駅
相鉄いずみ野線内では新しい駅です。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに通う学生が通学に使う駅でもあり、多数のバス路線が乗り入れているのも特徴のひとつです。駅にはコンビニやレンタルビデオ屋、居酒屋、ファミリーレストランなどの商業店舗が設けられており、駅構内、駅前の空きスペースを利用して、七夕などのイベントも積極的に行なわれています。
いずみ野駅
いずみ野線の開通とともに、駅周辺は大規模な開発が行なわれ、横浜のベッドタウンとなりました。いずみ野駅からいずみ野小学校までの道路沿いは、ソメイヨシノによる並木道で、「桜のトンネル」としても有名です。