ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト鉄道駅[電車]リサーチ

鉄道情報

小田急電鉄とは



小田急電鉄は、東京から神奈川にかけて運行する鉄道会社です。ここでは、小田急電鉄について説明します。

歴史

歴史

東京都新宿区に本社を置く小田急電鉄は、1923年に設立された「小田原急行鉄道」が1941年に「小田急電鉄」と改称され誕生した鉄道会社で、1927年に小田原線全線を開業し、同時に向ヶ丘遊園も開園しました。その後少しずつ延伸させていき、小田原線、江ノ島線などの路線を増やしました。小田急グループとしては、鉄道事業以外にも、不動産事業や小売事業、ホテル事業などを行なっています。

鉄道事業

小田急電鉄が保有している路線の総延長、旅客営業キロは約120kmで、大手私鉄では8番目となります。主な路線は以下の路線です。

小田原線

新宿駅から小田原駅までの82.5kmの路線です。通勤・通学路線や観光路線として利用されており、「小田急線」とも呼ばれています。

下北沢駅
小田急小田原線と京王井の頭線が乗り入れています。駅周辺は、古着などのファッション専門店、小劇場やライブハウスが多く点在し、都内でも有数のサブカルチャーの街として知られています。下北沢駅界隈を描いた作品には、小説『もしもし下北沢』(よしもと ばなな著)や『下北サンデーズ』(石田 衣良著)、映画『モテキ』などがあります。
小田原駅
小田原市の中心駅であり、神奈川県西部のターミナル駅でもあります。また、箱根観光の拠点となっているため、外国人客の利用も多いです。小田急電鉄・箱根登山鉄道への乗り換えが可能で、箱根湯本、強羅方面の温泉地に行くことができます。

江ノ島線

相模大野駅から片瀬江ノ島駅までの27.4kmの路線です。途中駅の藤沢駅でスイッチバックを行なうことで知られています。

片瀬江ノ島駅
江ノ島線の終点となる駅で、海に近いため、海水浴シーズンや江の島花火大会の際は特に多く利用されます。駅舎は竜宮城を模したデザインとなっています。
中央林間駅
神奈川県大和市北部の中心駅で、新宿まで40分というアクセスの良さから、駅周辺は住宅が集中しています。小田急江ノ島線と東急田園都市線に乗り換えることが可能です。

ロマンスカー

小田急電鉄では「ロマンスカー」と呼ばれる有料特急列車を運行しており、小田原方面へ観光に行く人々に多く利用されています。主なロマンスカーは以下です。

はこね(箱根特急・小田原線特急)
箱根登山鉄道に乗り入れ、箱根湯本駅まで運行します。箱根への観光客を輸送するための列車です。
えのしま(江ノ島線特急)
海水浴客を輸送するための列車です。