施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

京王電鉄とは



京王電鉄は、東京都南西部から神奈川県北西部にかけて運行する鉄道会社です。ここでは、京王電鉄の路線、京王グループ各社の事業について説明します。

歴史

歴史

東京都多摩市に本社を置く京王電鉄は、1905年に設立された「日本電気鉄道」(のちに「京王電気軌道」と改称)と、1933年に設立された「帝都電鉄」が第2次世界大戦後に合併して「京王帝都電鉄」となり、1998年に「京王電鉄」と改称されて誕生した鉄道会社です。京王鉄道グループとしては、鉄道事業以外にも、沿線開発やレジャー事業などを行なっています。

鉄道事業

京王電鉄が保有している路線の旅客営業キロは約84.7kmで、京王線系統と井の頭線系統があります。「京王」という名称は、東京と八王子を結ぶ鉄道であることに由来しています。主な路線は以下の路線です。

京王線系

新宿駅から京王八王子駅までの37.9kmの路線です。京王線から直通で利用できる路線には、都営新宿線、相模原線、高尾線があります。

明大前駅
京王線と井の頭線の接続駅となっています。回送列車を含めたすべての列車が停車します。
調布駅
京王線と相模原線の接続駅となっており、相模原線の起点でもあります。

京王新線

新線新宿駅から笹塚駅までの3.6kmの路線です。新線新宿、初台、幡ヶ谷、笹塚の4駅しかありません。都営新宿線の終着駅「本八幡駅」からは、「京成八幡駅」へ乗り換えることができます。

初台駅
首都高速4号新宿線と国道20号の地下に位置する駅です。北口は新国立劇場に直結し、東口は東京オペラシティに直結しています。
幡ヶ谷駅
もともとは初台駅とともに京王線の駅でしたが、京王新線を開通するにあたり、地下に移転されました。各駅停車も含め、京王線のすべての電車が通過します。

相模原線

調布駅から橋本駅までの22.6kmの路線です。

橋本駅
JR東日本の横浜線と相模線、京王電鉄の相模原線が乗り入れ、相互間の接続駅となっています。相模原線の終点でもあります。
多摩センター駅
京王相模原線の他、小田急多摩線、多摩都市モノレール線も利用できます。開通当時(1974年)は、京王電鉄の始発・終着駅でしたが、南大沢駅まで延伸後は、折り返し運転に利用されています。

高尾線

北野駅高尾山口駅を結ぶ8.6kmの路線です。

高尾山口駅
高尾線の終着駅です。高尾山へのアクセス駅にもなっており、高尾登山電鉄(ケーブルカー・リフト)に乗り換えることができます。乗降車数は平均して、1日1万人以上となっています。
高尾駅
JR東日本の中央本線と、京王電鉄の高尾線が乗り入れる接続駅となっています。