ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト鉄道駅[電車]リサーチ

鉄道情報

名古屋駅について



愛知県名古屋市にある名古屋駅は、中部地方の中で最も代表的な駅のひとつです。名古屋駅を略した名称「名駅」は、駅周辺の地名として親しまれており、この駅の利用者数は日本第7位を記録しています。ここでは、名古屋駅について説明します。

歴史

歴史

1886年、国鉄の「名護屋停車場」が開業しました。中山道幹線の資材輸送線の一駅として開かれたこの駅の周辺には、畑や田園が広がり、今のように栄えた地域ではありませんでした。1887年には、「名古屋駅」に改称されましたが、中村区笹島町に位置していたことから、「笹島ステンション」と呼ばれていました。のちに、国鉄の中山道幹線だった所属線が、東海道線に変わりました。

中部の駅百選

名古屋駅は、鉄道の開業を祝う「鉄道の日」(10月14日)に「中部の駅百選」のひとつとして2000年に選出されました。

乗り入れている鉄道会社

名古屋駅にはJR東海の東海道新幹線と在来線をはじめ、私鉄、地下鉄が停車します。中部地方でも最大規模を誇るターミナル駅です。

東海旅客鉄道(JR東海)

新幹線のものを含めると、ホームの数は17あります。名古屋駅に停車する東海道新幹線は東京駅新横浜駅新大阪駅京都駅を結んでいます。その他、稲沢駅に向かう稲沢線や、豊島方面・岐阜方面に向かう東海道本線、多治見方面に向かう中央本線、四日市に向かう関西本線が乗り入れています。新幹線のホームがあるJR名古屋駅の太閤通口は、旅レポート番組などの到着シーンでよく使われています。

名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)

2004年に名古屋駅を起点駅として開業した「あおなみ線」は、金城ふ頭駅に向かう私鉄です。名鉄、近鉄、地下鉄などの各路線に乗り換えるには、中央コンコースから回りこまなければなりませんが、JR名古屋駅には「あおなみ線」構内に乗り換えることのできる連絡改札があります。

近畿日本鉄道

近畿日本鉄道(開業時は関西急行鉄道)の名古屋駅は1938年に開業しました。近鉄名古屋駅の改札のひとつは、近鉄ビル内にあり人通りも多いです。

名古屋鉄道

名古屋鉄道(通称「名鉄」)の数ある駅の中で最も大きな規模を誇っているターミナル駅が、名鉄名古屋駅です。駅は地下にあり、その真上には名鉄百貨店の本店があります。近鉄名古屋駅の隣に位置していることもあり、両駅とも「名駅」と呼ばれています。

名古屋市交通局

名古屋初の市営地下鉄の起点駅として1957年に開業されました。地下では、名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅と相互連絡が可能です。