施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

池袋駅について



池袋は、東京都豊島区に位置するターミナル駅です。東日本旅客鉄道(JR東日本)をはじめ、私鉄各社、地下鉄が乗り入れており、1日の利用者数は新宿駅に次いで日本2位となっています。

池袋駅の歴史

池袋駅の歴史

池袋は戦国時代から池袋村という地名で、農村地帯として存在していました。そこから日本でも有数の都市に発展したのは、1900年代に鉄道が敷かれ始めてからです。その後も、当時の繁華街であった大塚や巣鴨とは対照的に、立教大学などをはじめとする文教地区でしたが、相次ぐ百貨店の開店後から雰囲気が一変します。1933年の菊屋デパート(のちの西武百貨店)開業から始まり、1962年には東武百貨店が開業しました。池袋駅は、百貨店をはじめとする商業施設の発展とともに大きくなっていきました。

乗り入れている鉄道会社

池袋駅は、家電量販店ビッグカメラの有名なCMソングの歌詞「東が西武で、西、東武」の通り、東口に西武鉄道が、西口に東武鉄道が構えています。

東日本旅客鉄道(JR東日本)

山手線、埼京線、湘南新宿ラインが乗り入れており、8番線までホームがあります。改札口も多く、メトロポリタン口、中央北口、北口、南口、中央南口の5ヵ所です。池袋駅全体のほぼ中央に位置し、改札を出て左右に東武と西武があります。なお、成田エクスプレスも停車します。

西武電鉄

西武池袋線の起点駅で、池袋駅の東口に位置し、改札は西武百貨店の1階と、地下にあります。運行区間は、池袋駅から吾野駅(埼玉県飯能市)までで、路線総延長は57.8kmです。なお、東京メトロ有楽町線・副都心線との相互直通運転も行なっています。

東武鉄道

東上本線(東上線)の起点駅で、池袋駅の西口に位置し、改札は北・中央・南と大きく分けて3地点にあります。運行区間は、池袋駅から寄居駅(埼玉県大里郡寄居町)までで、路線総延長は75.0kmです。なお、東京メトロ有楽町線・副都心線との相互直通運転も行なっています。

東京地下鉄(東京メトロ)

丸ノ内線、有楽町線、副都心線が乗り入れています。丸ノ内線は、起点駅となっています。副都心線の池袋駅は、かつて有楽町線の「新線池袋」駅とされていた駅で、副都心線開通に伴い、「池袋駅」として利用されています。

周辺の主な施設

池袋駅の周辺には、西武百貨店と東武百貨店を中心に、東西各方面に商業施設が密集しています。

東口の主な施設

駅前は家電量販店の激戦区になっており、ビックカメラの池袋本店パソコン館カメラ館ヤマダ電機LABI1日本総本店池袋・LABI1池袋モバイルドリーム館などがあります。また、駅からサンシャインシティ方面へ向かう途中のサンシャイン通り周辺には、飲食店の他、「乙女ロード」と呼ばれる女性向けアニメ関連グッズ専門店街、映画館などの娯楽施設が密集しています。

西口の主な施設

駅前には、ドラマ『池袋ウェストゲートパーク』などでも有名となった池袋西口公園があります。また、重要文化財に指定されている自由学園明日館をはじめ、立教大学、東京芸術劇場池袋演芸場などがあり、文教地区として栄えた名残を強く残す、文化的な施設があります。