ご希望の鉄道駅[電車]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ルートナビ
鉄道駅[電車]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

鉄道情報

ニュートラムとは



大阪市営交通局が運営する、大阪市中量軌道南港ポートタウン線の別称です。バスと地下鉄の中間程の輸送力を持ち、自動運転での運行が行なわれています。ここでは、ニュートラムについての説明をします。

ニュートラム(大阪市中量軌道南港ポートタウン線)の歴史

ニュートラム(大阪市中量軌道南港ポートタウン線)の歴史

1981年に、大阪と神戸でのみ運行開始された新交通システムが導入されています。当時はコンピューター制御で専用の軌道を自動運転するという画期的なものでした。

自動運転について
ニュートラムは自動列車運転装置、自動列車制御装置によって運行しています。その管理を行なっている「運輸指令所」では、運行管理、車庫管理などが行なわれており、モニターが設置され、すべてのニュートラムの運行状況やホームを監視して制御しています。また、車庫の出入りや案内放送、自動検査などもコンピューターによって制御されています。

主な停車駅

ニュートラム(南港ポートタウン線)は、10の駅を有しており、すべて高架駅の島式ホームを採用しています。また、1981年の開業当時から駅にエスカレーターを設置しています。

コスモスクエア駅
ニュートラムの駅としてだけでなく、大阪市営地下鉄中央線の駅としても利用されているコスモスクエア駅ですが、この駅名は1988年に一般公募により決定しました。この駅は、日本の鉄道開業を祝う「鉄道の日」のイベントのひとつ、「近畿の駅百選」にも選ばれています。
フェリーターミナル駅
その名の通り、徒歩圏内に大阪南港フェリー乗り場のある駅です。大阪から北九州の海をつなぐ「名門大洋フェリー」や、大阪、兵庫から愛媛県の海路を行く「オレンジフェリー」が運行しています。また、フェリーだけでなく大阪市営バスや南海バスなどにも乗ることができます。
住之江公園駅
高架駅の住之江公園駅の地下には、大阪市営地下鉄四つ橋線の住之江公園駅がありますが、この2つの駅は、直通エレベーターにて乗り換えが可能です。この駅の近隣には、「住之江競艇場」があり、競艇開催時には多くの人が訪れます。なお、競艇側に位置するホームからは、レースを観戦することができてしまうことがあり、それを防ぐためにホームの囲いをすりガラス仕様にしています。

車両について

ニュートラムの車体は7.6mなので、同じ新交通システムのゆりかもめ車体9mと比べると少し小さめです。ゴムタイヤで専用の走行路を走り、車内には運輸指令所と乗客の通話ができるインターホンや、非常ボタンがあります。また、ステンレス銅製の車両には、ラインカラーとして空と海をイメージした水色が描かれています。