施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

世界の地下鉄の歴史



地下鉄は日本だけでなく、世界各国にも走っている路線です。この項目では、世界に開通している地下鉄の歴史やその特徴などについて説明します。

初の地下鉄

初の地下鉄

19世紀のイギリスのロンドンで開通した「メトロポリタン鉄道」と言う路線が世界で初めての地下鉄です。ロンドンは建物が密集していたため、地上に線路を走らせることが不可能だったと言う理由から、地下への建設が計画されました。そのあと、トルコ・ハンガリー・アメリカ合衆国・フランス・ドイツと地下鉄の文化は広まっていき、1970年代を過ぎた辺りから発展途上国にも地下鉄の建設が行なわれるようになりました。

世界の地下鉄駅の例

世界には様々な地下鉄が走っています。そのなかでも特徴的な路線はロシアと言えます。日本の地下鉄駅の場合は、ほとんどが似たデザインとなっていますが、モスクワ地下鉄駅をはじめ、ロシアには個性的な駅が数多く存在します。

ロシア・モスクワ地下鉄の歴史

ロシアのモスクワ地下鉄は1935年に開通しました。旧ソビエト連邦の第2代最高指導者として知られるスターリンの指示のもと、昼夜休まず工事が続けられたと言うこの地下鉄は、革命記念日の祝賀行事に間に合わせるよう作られました。

ロシア・モスクワ地下鉄の特徴

ロシアのモスクワ地下鉄は、駅構内の豪華な内装が特徴的な駅です。その駅のほとんどが大理石や花崗岩などで装飾されています。また、壁面から天井まで彫刻やタイルアートなどが散りばめられており、照明もシャンデリアのような豪華な物を採用しています。

地下鉄の駅の歴史

地下鉄が開業した当時、ロンドンの地下鉄はすべて蒸気機関車でした。石炭を使っていたため、燃焼した煙を防止する構造で壁面などが作られており、煙を逃がす空気孔なども完備していました。そのあとは電気鉄道となり、高速性も機能性も進化していきました。また、発祥時のメトロポリタン鉄道と言う路線に由来し「メトロ」と言う呼称が広まったと言われており、現在でも多くの国や地域で、地下鉄案内の標識には「メトロ」の頭文字である「M」が使われています。

進化する地下鉄

多くの地下鉄では、乗車の際に自動改札が設置されています。この改札を通らなければ、乗車することができません。また、先進国の自動改札機ではICカードを使うことができます。ICカードは、現金をチャージして乗車する仕組みです。

地下鉄の24時間営業

ニューヨークのマンハッタン島を中心に営業している「ニューヨーク市地下鉄」は、24時間運行していることで有名です。