施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の鉄道駅(電車)情報を無料で検索できます。

ホームメイト鉄道駅(電車)リサーチ

鉄道情報

アメリカの西部開拓と鉄道



アメリカ合衆国では19世紀に大陸の未開拓地域が開拓された時期がありました。この項目ではその時期のアメリカと開通した鉄道について説明します。

西部開拓時代とは

西部開拓時代とは

西部開拓時代とは、1860年頃から1890年頃までの北アメリカで築かれた時代です。大陸の大西洋側は、植民地時代の時点で発展していましたが、未開拓だった太平洋側の地域まで大幅に開拓されました。この開拓で大陸は一気に発展しましたが、当時生活していた原住民たちは追い出されたり殺されたりしてしまいました。

ゴールドラッシュ

西部開拓時代の最中である1848年に、アメリカのカリフォルニア州の川で砂金が発見されたことから「ゴールドラッシュ」が始まります。金山を目当てに多くの開拓者が集まり、金を掘り当てました。そして、このゴールドラッシュの影響により、この時期に行なわれていた開拓は一気に発展しました。

第二次産業革命

第二次産業革命は1871年頃、アメリカ合衆国の東部で始まりました。これは2回目の産業革命を指す言葉で、この革命時には化学や石油・電気などの技術が一気に進歩しました。また、現在では一般的となった大量生産や機械による物品製造・娯楽における電化製品(テレビやラジオ・映画など)が一気に進歩した時代と言えます。そして、この時代は始まりから約10年間続くこととなりました。

大陸横断鉄道の開通

1869年、アメリカで最初と言われる鉄道が大陸横断に成功し開通しましたが、鉄道が開通したことは、アメリカの西部開拓に大きな影響を及ぼしました。この計画は、初期の構想から開通まで24年の年月がかかっています。東側にネブラスカ州オマハを起点としたユニオンパシフィック鉄道(1,749km)、西側にカリフォルニア州サクラメントを起点としたセントラルパシフィック鉄道(1,110km)が引かれました。

西部開拓時代の鉄道が描かれている作品

アメリカの西部開拓の鉄道について描かれた映画が存在します。

『西部開拓史』

『西部開拓史』は1962年公開のアメリカ映画です。西部開拓時代の50年間をひとつの家族の目線から描いた作品で、全編5部で構成されています。開拓民としてやってきた子ども連れの一家が旅の途中で濁流に飲み込まれてしまい、生き残った娘たちと偶然出会った猟師が力を合わせ開拓民の道を選択します。その後、金鉱の相続に巻き込まれたり、南北戦争に巻き込まれたりしながら放浪を続けるストーリーです。第4話では主に大陸鉄道について描かれており、当時の先住民との抗争なども描かれています。